すくパラ!2021春夏トリプル総選挙投票よろしくお願いします!!

★総選挙について★

・投票受付期間:2021年3月26日から 2021年8月20日まで

・▼のフォームより、必要事項(メールアドレス、部門名、エントリー番号、ブログタイトル、応援メッセージ)を記入して送信します。

★部門名…「ブログ部門」

★エントリー番号…「1」

★ブログタイトル…「鈴ログ!」

【食育】1歳から始めるお料理~進め方編~

家事・育児ライフハック
楽天ROOM▼

こんにちは!

2歳の娘ぴぴと生後10か月の息子ちぃの2児のママいずのすずみです☆

娘のぴぴは、現在2歳8ヶ月ですが家では食育として、

ほぼ毎日娘を一緒にキッチンに立たせてお料理をしています。

ぴぴちゃんがお料理を始めたのは1歳半の頃からでした。

1歳でお料理と聞くと、

料理なんてうちの子はまだ小さいから危なくてできない…

子供に料理をさせると自分一人で料理をした時の100倍くらい時間がかかってしまう…

という方もいらっしゃるのでは?

確かに、まだ言葉も通じるか通じないか微妙な子供を料理に参加させるのは難しそうに思えますが、コツをつかむと毎日できるほど簡単ですよ!

この記事では、子供とのお料理を無理なく進めた我が家のお料理方法とレシピを段階に沿って紹介いたします!

子供とのお料理~段階①~

うちの場合、ぴぴちゃんが1歳半の時に一緒にお料理を始めました。

子供ってやたらキッチンに入りたがりますよね。

きっとママの真似をしたいんだろうなと思います。多分。

なので、キッチンに入ろうとしてくるときはいつも、

あれ?ぴぴちゃんお手伝いしてくれるの?

と声かけをして必ず「ありがとう」と伝えています

いつでもお料理に参加できるように、お出かけ以外の時でおうちにいる時は汚れてもいい服を着せています。

最初は、ホットケーキの生地を混ぜるだけから始めました。

それも、粉が飛び散るのが嫌なのである程度自分でまとまるまで混ぜてから子供に渡し、子供の手の上から一緒に泡だて器を持って一緒に混ぜていました。

※ぴぴちゃんはイヤイヤで服を着てくれないので、はだかんぼでお料理している写真は服着てるっぽく加工しています。

上の写真ではリビングでまぜまぜしてもらってますが、

キッチンでするときは混ぜ混ぜの時だけキッチンに入ってもらっていました。

混ぜ終わったら、

ぴぴちゃんのおかげで生地ができたよ!これがおいしいホットケーキになるんだよ!

と言ってキッチンから退場してもらいました。

※この時点でキッチンから出たくないとめちゃめちゃ泣きわめきますが、お手伝いをさせようがさせまいが一緒なのでそのまま泣かせていました。

そして出来上がって一緒に食べる時に、

今日はぴぴちゃんが作ったホットケーキだよ!絶対おいしいね!次もまた作ろうね!

と声かけをしていました。

1歳くらいだと5分でも前のことは覚えてなかったりするので、

さっき作ったものがこうなるんだよと子供の頭の中でつながるといいなと思ってやっていた声かけです。

子供とのお料理~段階②~

次の段階は、

フライパンに切った材料をすでに入れておいて後ろからしっかり子供の体を支えながら炒めるところだけ手伝ってもらうようにしました。

↓ちなみにこの写真の頃ちぃくんは私のお腹の中にいます(笑)妊娠6~7か月頃かな…?

子供が慣れてきたら、手の補助無しで自分で炒めさせ始めます。

でも目を離さず、危なくなったらいつでも補助をする態勢は忘れないようにしましょう!

子供とのお料理~段階③~

次はハンバーグなど、「こねて丸める」という作業も一緒にやってもらうようにしました。

ハンバーグ作っている写真を撮り忘れていたので、一緒にみたらし団子を作った時の写真を載せます!

 お団子も白玉粉や餅粉を混ぜて均等な大きさに丸めるという作業なので、手先の器用さが鍛えられますよ!

この頃になるとだいぶ子供の手先が器用になっていたので、

野菜の皮むき(うちでは玉ねぎとかそら豆などの手でむけるもの)も挑戦してもらってました!

上手にできるようになると、ママが他の作業している間に皮むいてもらったりして本当に役に立つお手伝いになりますよ!

番外編~セルフごはんも食育のうち~

セルフ手巻き寿司やセルフハンバーガーなど、自分で好きな具を巻いたりはさんだりしてキッチン以外でお料理をする機会を作っても楽しいですよ!

番外編~包丁~

包丁を扱うのは私も最初かなり怖かったので、

子供が包丁を持つ手と野菜を抑える手の両方を上からかぶせるように持ってアシストしながら切っていました。

今でもまだアシストで切っていますが、1回だけ自分で切らせてみてあとはアシスト…慣れてきたら数回切って最後の方アシスト…という風に何週間何か月とかけて自分でできる範囲を広げていっています。


富士カトラリー 子供向け包丁 グーテ 子供用包丁(両刃) FC-790 イエロー (ねこ) AGC0101

さいごに

一つできるようになるまでにはとても長い時間はかかりますが、家事も遊びに加えることで子供がご機嫌な時間が増えていきます。

 他にも、刃物や火が危ないことも学べるので子供の危機管理能力を育てるのにも良かったです!

次回は、1歳から始めるお料理~段階別レシピ編~です!

+3

コメント

  1. ばら より:

    えー!1歳からお料理ってすごいですね!(*^^*)
    他の子育て情報サイトでは、5歳から包丁を持たせて手伝いさせてみても良いって書いてたので(*’ω’*)
    ちなみに、私は細心の注意はらうというのができなくって、子に怪我させる可能性がめっちゃあって怖いので、主人も一緒についてもらって、小学生になってからぐらいで子供用の包丁使わせようかなと思います( ´ ▽ ` )
    怪我するのも経験のうちかとは思いますが、私3歳ぐらいでつまずいて怪我した額の傷が28歳の今でもまだ残ってるので、火とか刃物とか、何が大怪我につながるか本当分からないので怖いです(T-T)
    ちっちゃい頃からお料理できた方が料理好きになりますし、お手伝い自体好きな子になると思うので良いとは感じますがね( ´ ▽ ` )

    +1
    • izunosuzumi より:

      そうなんですね!!
      怪我が残ってしまったら将来悩んでしまいますよね(゚o゚;
      一応、怪我しないように包丁の時は子どもは手を添えるだけで実際に切っているのは私です
      包丁を持つ手も野菜を持つ手も上から手を持って、勝手に動かさないようにがっちり固定してます(笑)
      怪我しちゃいけないので格好だけで、ちょっとでも娘が自分で動かそうとしたらキッチンから退場してもらってます( ˊᵕˋ 😉
      何事も様子を見ながら、目を絶対離さず、自分がそれが出来ない時は、キッチンから退場…を徹底してます(^-^)
      道具を使わなくても、玉ねぎの皮を手で剥く、とかでも楽しんで貰えます☺️

      +1
      • ばら より:

        きっちりされてますね!(*’ω’*)
        確かに、皮むきとかも良いですね!
        ご回答ありがとうございました(*^^*)

        0
タイトルとURLをコピーしました