子育てで必要なお金はどれくらい?不安ポイントを解説!

子育てライフハック
楽天ROOM▼

これから子供を考えている方の不安の中で、お金に関する不安が一番大きいという方は多いのではないでしょうか?

この記事では、妊娠中から子育てにかかる費用をまとめています。

妊娠中にかかる費用は?

まず、妊娠が分かったら産婦人科へ受診し「妊婦健診」を受けます。

この妊婦健診には妊娠周期によって通う頻度が決まっており、

妊娠が分かってから妊娠23週までは4週間に1回。

妊娠24週~35週までは2週間に1回。

妊娠35週からは1週間に1回健診を受けます。

また、1回1回受診費用がかかります。

  • 初診:5,000円~10,000円
  • 2回目以降:5,000円~8,000円
  • 健診費用総額:7万円~15万円

しかし、場所によっては「一般健康診査受診票」という、

診察時に出すと受診費用の補助が受けられるものがありますので、

実際の自己負担額はもっと低くなります!

妊娠中は何かとトラブルがあり、貧血用の鉄剤やお腹の張り止めなどお薬代は女性内容に入っていないので、妊婦検診が毎回0円ということは無いと考えた方が良いです。

また、助成内容は地域によっても違うようなので、お住いの地域の妊婦検診の助成内容を調べておくと良いですよ!

例えば東京都でも、

「妊婦健康診査にかかる公費負担の助成回数は、14回です。ただし超音波検査の助成回数は区市町村によって異なるため、お住まいの区市町村へお問い合わせ下さい。」

とあります。

妊婦健診以外にかかるお金

妊娠中にかかるのは健診だけではありません。

妊娠中に切迫流産や切迫早産、高血圧症候群になる人は少なくありません。

私も切迫流産により入院し、その後もつわりが酷すぎて入院しました。

もし妊娠中にトラブルがあれば入院が必要になります。

期間によりますが、私が1週間入院した時は5万円ほどの費用がかかりました。

いざという時のためにも出産費用しか口座に入っていないという状況は避けたいです。

服飾代

妊娠してから、洋服にかかる費用が意外と掛かるんです!

徐々に大きくなっていくお腹に、後期になるにつれ膨らんでいく胸。

下着も服も全て買い直しになります。

あくまでも私の場合ですが、妊娠8ヶ月でまだ出産していないのに母乳が出始めたため授乳用のブラジャーを購入していました。

洋服も、妊娠中期→後期→臨月でお腹の大きさが全く変わるので、1人目妊娠で慣れていなかった私は期間ごとに服を買いなおしました。

これからお腹が大きくなる予定の人は、臨月でも着られて授乳もできる服を最初から買っておけば服の買い替えを最小限に抑えることが出来ますよ!

出産にはどれくらい必要?

出産にお金が必要なポイントは2つあります。

①出産にかかる費用

②出産にあたって準備する道具

出産にかかる費用

分娩費用は40~60万円ほどかかりますが、「出産育児一時金」といって1児につき42万円が支払われる制度があります。

また、病院が取り扱っていれば「直接支払制度」といって出産育児一時金が支払われるまでの間建て替えることなく、協会けんぽから直接医療機関等へ支払われます。

このような制度を利用することで、自分で支払う金額はその差額分だけとなります。

何も問題が無ければ出産費用は42万円以内になることが多く、一時金の余りはそのまま支給されるのでプラスになったという人もいるくらいです。

私は緊急帝王切開のため手術費用がかかり、術後に広い部屋でなければ麻酔と傷で動けない私を運び込めないため、特別室に入院していました。

その後生まれた子供もNICUでの保育となったため費用がかさみ、出産費用は全部で58万円ほどになりました。

42万円は一時金で賄われるため、16万円を負担することになりました。

出産にあたって準備する道具類

出産にあたって、準備しなければいけないものがあります。

・前開きタイプのパジャマ

・産褥パンツ

・産褥ナプキン

・授乳パッド

・赤ちゃんの肌着

・ベビードレス

・おくるみ

・哺乳瓶※

・ミルク

・ガーゼ

・新生児用おむつ

・おしりふき

・チャイルドシート

※哺乳瓶は完母でもK2シロップというお薬を飲ませるために必要です。

K2シロップとは、新生児期から乳児早期のビタミンK欠乏性出血症の予防のために飲ませるお薬です。

お母さんの準備は、産後の入院中にも診察を受けるため、下が開くタイプの産褥パンツや悪露(出産して子宮内で必要なくなったものや分泌物が生理のように血液と一緒に出てきます)用の産褥ナプキンが必要です。

赤ちゃんは生まれてすぐは病院で支給されている服を着ていることが多いのですが、退院時に着るものは入院時には準備しておく必要があります。

退院したらすぐに子育てが始まり、新生児は2~3時間おきにミルクや母乳を飲むためミルクや哺乳瓶の準備も必要です。

そして、退院時に車で家まで帰る際のチャイルドシートもあらかじめ用意しておきましょう。

未就学児の間の費用

子育てを始めるにあたって必要なものがたくさんあります。

0~3歳までの子育てで家に必要なものを挙げていきます。

消耗品

・オムツ

・ミルク

・おしりふき

・母乳パッド

・綿棒

・沐浴剤

・ガーゼ

・赤ちゃん用洋服洗剤

・赤ちゃん用食器洗剤

・赤ちゃん用ボディソープ

消耗品以外

・ベビーベッド

・ベビーカー

・よだれかけ

・沐浴用バスタブ

・子供服、下着類

消耗品以外ものもは揃えるのに6~7万かかり、消耗品は大体毎月1万~1万5千円ほどかかります。

実際、赤ちゃんはサイズが変わるのがとても速いので服をよく買い換えますし、離乳食を簡単に作れる便利グッズなどもあるので意外と必要なもの以外の出費も多いです。

就学してからの費用

子供が幼稚園から大学まで国公立に通った場合で大学が文系だった場合、約1,345万円必要と言われています。

これは給食費や教材代を合わせて一番安いパターンです。

大学だけ私立に通った場合では、私立文系で約1,457万円、私立理系で約1,573万円となることから最低でも1,500万円ほどはかかると思った方が良いと思います。

また、最近は両親が共働きという家庭が多いので保育園の費用も含めると1,600万円~という計算になります。

子供一人あたりの費用合計と節約ポイント

上記で出産から大学までの子育てに必要な費用を出しましたが、

実際は子供が小さい頃はおもちゃを買ったり、思春期にはおしゃれしたいと言い出したりして服やアクセサリーを買ったりすることもあります。

さらに、学校までの自転車や電車などの通学費用や部活にかかる用品代など必要不可欠な出費もあるので一人当たり2,000万円は覚悟しておく必要があります…恐ろしや( ;∀;)

まとめ

今は子育て支援として、中学生までの「児童手当」が毎月支給されます。

0~3歳の子供がいる家庭には子供一人当たり月額15,000円、3歳~小学生は10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円が支給されます。

毎年6月、10月、2月に、それぞれ4か月分が振り込まれます。

これらの総額は一人当たり198万円となりますので、どうしても入学費用などを用意できなかった場合のために取っておくなど上手に使いましょう!

子育てはどうしてもお金がかかりますが、食事はなるべく自炊、ママ友とのお下がりの共有など、工夫して削れるところは削りたいですよね…

私は子育てが始まってからというもの「節約」が趣味と化しました (凪のお暇みたい…笑)

+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました