すくパラ!2021春夏トリプル総選挙投票よろしくお願いします!!

★総選挙について★

・投票受付期間:2021年3月26日から 2021年8月20日まで

・▼のフォームより、必要事項(メールアドレス、部門名、エントリー番号、ブログタイトル、応援メッセージ)を記入して送信します。

★部門名…「ブログ部門」

★エントリー番号…「1」

★ブログタイトル…「鈴ログ!」

みんなの家事の時間配分は?状況別の家事の内容を紹介!

家事・育児ライフハック
楽天ROOM▼

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児ランキング

こんにちは!

現在2歳の娘と生後7ヶ月の息子の2人を子育て中のいずのすずみです。

私は夫が転勤の多い仕事をしており、 大体2~3年おきに引越しをしています。

なかなか人と比べることが出来ない家事。

自分の家事の要領に満足のいかない人は、他の家の家事の内容が気になりますよね…?

そこで、みんなの家事の実態や体験をもとに色々な家事のパターンを紹介します!

家事時間の平均はどれくらい?

平成28年社会生活基本調査「生活行動に関する結果:表1男女,行動の種類別生活時間(平成23,28年)週全体」によると、1日の平均家事関連時間は女性が3時間28分、男性が44分だそうです。

※家事関連時間とは、家事、介護・看護、育児、買い物の総合時間

そのうち、既婚女性の家事関連時間は4時間55分、既婚男性は49分と家事に関わる時間は男女で大きな差があるようです。

立場によって内容の違う家事配分

ただ、上記の家事関連時間は既婚者の中で、「子無し」「子有り」「専業主婦・主夫」「共働き」という立場のバラバラな人の総合データです。

場合によって内容やかける時間はバラバラだと思うので、私の経験から内容と配分について考えていきます。

私自身は新卒から正社員として働き、

結婚してから旦那の転勤先で契約社員として臨月まで共働き、産後は専業主婦として子育てと家事をしています。

「子無し」「共働き」の家事配分

我が家の場合は、旦那が8:30-17:30定時+残業で19:30~20:00帰宅、 

私が9:00-16:00の時短勤務でしたが、通勤に1時間30分かかるので、 

7:30-17:30は仕事に費やす時間でした。

 

家事の内容はこちら▼ 

朝6:00起床~7:00 

・私→朝ごはんとお弁当作り(30分)、掃除機掛け(15分)、洗濯(15分) 

・旦那→ゴミの回収とゴミ出し(15分) 

夜17:30~ 

・私→買い物(15分)、ご飯作り(30分)、洗濯(15分) 

・旦那→アイロン(15分) 

・どちらか→水回りの掃除(30分) 

 

旦那は仕事の関係で家に帰っても資格試験の勉強をしなければいけなかったので、 

共働きでも主に家事をするのは私でした。 

基本的には晩ごはんのおかずを多めに作って取っておき、

お弁当用に前日多めに作ったおかず+卵焼きとサラダを詰めていました。

それでもお弁当箱が埋まらない時用に時々冷凍食品を使っていました。 

掃除機は夫婦二人だけだと毎日かけるほど汚れなかったので、 

リビング周辺と寝室周辺を交互にかけていました。 

水回りの掃除はお風呂に最後に入る人がするというルールにしていました。 

お風呂の直前にキッチンのシンクや排水口と、トイレを掃除しており、湯船にお湯をはった時だけ毎日お風呂掃除をしていました。 

この頃の1日の家事の時間は、 

私→150分〜120分  旦那→60分〜30分

「子無し」「専業主婦」の家事配分

私が臨月で仕事を辞めた後、1ヶ月だけ子供のいない専業主婦生活をしていました。

スケジュールはその時のものです。

 

家事の内容はこちら▼ 

朝6:00起床~8:00 

・私→朝ごはんとお弁当作り(30分)、掃除機掛け(15分)、洗濯・アイロン(30分) 

・旦那→ゴミの回収とゴミ出し(15分) 

昼13:00~18:00 

・私→買い物(60分)、ご飯作り(60分)、洗濯(15分)・水回りの掃除(30分) 

 

専業主婦になってからは、旦那の家事は仕事に行くついでのゴミ出しのみになりました。 

朝は旦那が仕事に出るまでのタイムリミットがあるので共働きの頃と時間が一緒ですが、晩ごはんはそれまでより時間に余裕があるため1時間使って少し手の込んだものを作っていました。 

また、子供が産まれたら育児でいっぱいいっぱいになると思い、洗濯機を乾燥機付きのものに買い換えました。

時間がある分買い物もゆっくりしており、家事に関連する買物は1時間程度となっています。 

この頃の1日の家事の時間はこちらです。 

私→240分  旦那→15分 

この頃の私は臨月の妊婦だったので、 

家事以外の時間は妊婦健診に行ったり、出産準備やウォーキングをしていました。

「子有り」「専業主婦」の家事配分

家事の内容はこちら▼ 

朝7:00起床~ 

・私→掃除機掛け(30分)、洗濯・アイロン(30分) 

・旦那→ゴミの回収とゴミ出し(15分) 

昼13:00~18:00 

・私→買い物(60分)、ご飯作り(90分)、洗濯(15分)・水回りの掃除(30分) 

 

子供が生まれてからの家事配分は大きく変わりました。 

私の子供は夜寝3〜4時間で昼寝無しという超ショートスリーパーで朝早くに起きることが出来ませんでした。 

そこで、朝・昼・晩ごはんは日中時間を見つけて一気に作り置きをして、 

お弁当は朝、旦那に作り置きの中から好きなものを詰めて行ってもらうという形にしていました。 

子供の離乳食なども一緒に作っていました。 

また、子供がいると食べ散らかしたり遊びまわったりしてすぐに汚れるので毎日家中掃除機をかけていたので、掃除の時間が倍になっています。 

この頃の1日の家事の時間はこちらです。 

私→255分  旦那→15分 

まとめ

我が家の経験から出した家事の配分時間は、全体的に平均より少ない結果となりました。 

既婚女性の平均家事関連時間4時間55分、既婚男性は49分という結果との差は、専業主婦になってから1時間以内となりました。 

専業主婦の家事の時間が多い原因は2つ考えられます。 

1つは、時間の制限がないのでゆっくり家事ができること。 

もう1つは、子育て中の人が多いことです。 

共働きだと、仕事をする代わりに子供は保育園などに預けられているため日中の食事・遊び・しつけの分家事の時間が少なくなります。 

専業主婦の場合は食事も遊びもしつけもほとんどを家の中でするため、食べ散らかしの掃除や子供のお昼ご飯作りなどの家事が増えています。 

なので、共働きも専業主婦もどちらも大変!

みんながそれぞれのスタイルを尊重できる世の中になるといいですね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました